キャバクラ嬢の儲け

  • 2012/02/02(木) 19:28:11

キャバクラ嬢の儲け


潜入体験ルポ 超おいし〜日本全国フーゾクの旅 (宝島SUGOI文庫)

キャバクラとは、キャバレーの庶民性に、クラブの高級感、ときにショーもあり、女の子はホステスと素人の中間といった馴染みやすさ。そんな両者のいいところをハイブリットに兼ね揃えた、女の子が接客をしてくれる店舗形態を指す。



40歳からのモテる技術


そんなキャバクラの人気の理由はセット料金制。
だいたい1時間限定、料金前払い、飲み放題というシステムで、安いキャバクラでは3000円程度だ。

ただし、時間が遅くなるに従いセット料金は高くなるし、キャバクラ嬢の飲み物、おつまみは当然、別料金。

キャバクラは客単価を約1万5000円で想定しているので、知恵を絞る。
実際、1時間はあっという間で、”延長”する客がほとんどだという。

キャバクラ嬢の収入は、基本的に時給が主となり、これに指名料が加わる。


【大きいサイズ入り】ブラック小悪魔アゲハ総レースプリンセススタイルキャバクラ・パーティードレスS,M,L,LL.2L.3L.4L.7号,9号,11号,13号,15号,17号.21号対応 ワンピースドレス 黒 ブラック



キャバクラ嬢の収入の一例↓

基本給:時給1000円〜3000円(平均売れっ子は1万円〜の娘も)
指名料:1000円〜3000円
チップ:売れっ子は10〜20万円


支出

化粧品:3万円以上
洋服代:5万円以上
交通費:タクシーを使うと跳ね上がる



【セクシーコスプレ】 スケスケシースルー着物 帯・Tバック付き


そんなキャバクラ嬢のメリットは、クラブ・ホステスなどと違い、バンス(前借り金)、売掛金(ひいき客のつけ)の負担がないこと、衣装代・美容院代などがそれほどかからず、アルバイト感覚で出来る点である。




現代社会の〈裏〉基礎知識―知って得する (三才ムック VOL. 313)



キャバクラの売り上げのうち、キャバクラ嬢の人件費は約半分。
これを少しでも減らそうと、店側としては罰金制度を導入している店がほとんどだ。

遅刻1時間→ −5000円
無断欠勤 → −3万円

などを徴収しているので、タダ働きに近いキャバクラ嬢もいる。


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL